伊賀 どて焼きの旅

投稿者: koba84

2012.1.10

何気に今年初のロングライド。
12月の中旬から全く乗ってなかった~サボり過ぎやなぁ。。。

今日は3人での走行予定でしたが、マッキーが体調不良で不参加やったので、ワタルくんと二人で伊賀の名阪国道ドライブイン内にある「どて焼き」を目指し出発。

前日、夜勤明けに軽~く職場から甲南辺りをポタリングしたのが良かったのか、この日は久しぶりの割には脚が良く回る。

けどそれ以上にワタルくんのペースが速い‼緩やかな登りが続く道でも容赦なく速度が上がりついて行くのがやっと。やっぱりサボらず乗ってる人は違うな。

登り坂ではペースを合わせてもらい、チームジャージの話しなんぞダベりながらゆっくり登る。
坂って不思議と喋りながら登ってると、あまり苦にならず案外楽に登れる。何でやろ?気持ちの問題かな?

ほぼワタルくんの後ろにピッタリ張り付き目的地である「どて焼き」に到着。
気候も良くここの直前に向かい風の中必死にペダル回してたんで、店内に入る時には汗だくでした、、、
座るや否や二人共ジャケットを脱ぎさり軽装でどて焼きを喰らう。
少々こってり気味でしたが、噂に違わず美味かった!
お客さんも次々入ってきて大賑わいでした。またリピートしに来よう。

20120111-223045.jpg

帰路は伊賀から御斎峠~多羅尾を抜け信楽へ。
さすがにここの頂上付近は雪が少し残ってたけど路面は全然問題ない感じ。
信楽に入ったところでどこを通って帰るか相談すると坂バカ、いや、山の神(笑)のワタルくんはどぎつい「アセボ峠」を通って帰ろうかと言う。
が、迷うことなく即答で「いや、俺はそのまま307号線を北上して帰るわ」と、男らしくキッパリ断る(笑)
後半にあんなのとても登れる気がしまへんで、兄貴!

しばらく二人で307を北上し、分岐点でワタルくんと解散。
アセボ峠は逃れたが、どっちにせよ一山越えんと水口には戻れない。
この道は交通量多くて走りにくいからあんまり通りたくなかったんやけど、アセボ行くよりマシなんでぼちぼち登り家路へと向かう。

二日間でトータル150km程の走行やけど、久々過ぎて脚がパンパン。
やっぱちょっとずつでも乗らんとアカンな~ローラー台欲しいなぁ。。。

広告