COUPE DE AACA 第4戦

投稿者: koba84

2013.12.8

「集団からアタックして抜け出すことが出来るようになっていただくためのレースを開催します。
積極的に動きたい選手、レースでアタックすることを試してみたい選手、レースを練習の場として活用したい選手のためのレースを開催します。」

このようなコンセプトで今季より東海地区で開催されてるレース、
「COUPE DE AACA」の第4戦に参戦してきました。

夜勤明け、8時45分頃に水口を出発し、永源寺〜石榑トンネル経由で約1時間30分で今回の会場である「国営木曽三川公園 長良川サービスセンター前、特設コース」に到着。

20131209-001238.jpg
今回エントリーしたC4レースは12:10スタート。受付を済まし30分程ローラーでアップ完了し他のカテゴリーのレースを観戦。
このコースは長良川クリテの会場でもおなじみだけど、唯一違うのはホームストレート側にアップダウンのシケインが組み込まれており、毎回インターバルがかかるキツいコース設定になっている。
試走は出来なかったので、脳内シュミレーションにてアタックポイントを考えながらスタートを待つ。

スタート10分前に召集がかかるが皆並んでる様子はない。なぜならここはエントリー番号順に前から並ばせられるので、関西方面のクリテのように自転車で場所取りしとく必要がなく直前まで自転車乗ってられるし暖かい場所で休んでいられる。

20131209-001005.jpg
今回のゼッケンNo.は3。なので苦労することなく最前列でのスタート。なんか得した気分だ。

C4の出走人数は30人程。当日エントリーやダブルエントリーも認められており、C3クラスの選手も何人かエントリーしている模様。他にも大学生のチームが4〜5人でエントリーしていたりと自分以外みんな速そう。

だが今回の目的は、千切れてもいいから最初からとにかく動きまくってアタックをどんどん仕掛け逃げに入ること。
最前列スタートの利を活かして、ローリングスタート解除後いっきに飛び出る。
先頭3〜4人でローテ回すが集団を離すまでに至らずなかなか逃げを決めることが出来ない。
アタックポイントだと予想していたシケイン終えた後のストレート区間が強烈な向かい風でスピードが伸びない。
ここで集団が団子状態になり次の追い風バックストレートでアタック合戦が繰り広げられる展開。
全5周回のうち、2周目と3周目に賞金の出る周回賞が設けられており、そこは狙って動いたがいずれも登りスプリントでまくられ周回賞を逃す。
この3周目のスプリントを終えた時点で脚も心肺もMAX状態で、アタック仕掛けるどころか前に離されないよう付いて行くだけで必死。
集団内では相変わらずアタック合戦が展開されるが、結局最後まで逃げが決まることなく集団でゴール。
順位はおそらく8?9?10位?くらいだったかな。

周りも全員ペース速くてめちゃキツかったけど、目的としてた積極的に仕掛けることが出来たのは収穫でした。
いつも関西で走るクリテでは着順を大事にするあまり消極的な動きで無難にこなしてたがそれでは強くなれない。

そもそも最初の頃は2位もビリもトップ獲れなかったら一緒や!って思いでレースに挑んでたのに(まぁ最初は千切れてばっかでしたがw)、そこそこ走れるようになりいつの間にか守りに入ったレースばっかりしてた。

ここのレースはビビらずどんどんアタックして動いていくという趣旨をもとに、月に2〜3回開催されており、一回一回を大事に行かなくてもまたすぐ次があるから気にせずチャレンジ出来るのが素晴らしい。
やはりレースに強くなるにはレースで練習するのが一番だと思う。

今年は残すところあと一回のみだか、来年以降も毎月開催が決定されてるので都合がつく限り参戦してこの感覚を身体に染み込ませていこうと思います。
オフシーズンでロング走に切り替え宣言したばっかりやのに(笑)

今年最後は22日で会場は平田クリテの場所。
だがまた夜勤明けになるからエントリーは悩み中であります…

20131209-010112.jpg

広告